個人事業と法人の違い

個人事業主と法人の違いを紹介しています

事業を始めるとき

事業を始めるとき
個人事業を始めるのは、比較的簡単です。開業届を税務署に提出するだけです。郵送でも提出可能です。


信用

信用
法人の場合は、会社の所在地や資本金などの会社の情報は、法務局に登録され、公開されています。このため、個人事業よりも事業主体としての信用があります。


報酬・給与

報酬・給与
会社の社長は、会社から給与を貰います。給与所得控除の対象


年金

年金
社長の年金は、厚生年金。基礎年金(国民年金相当)が約月6万円、それに報酬比例分が加算される


廃業

廃業
個人事業主が法人になる場合(法人成り)、手続き上は廃業届を出す必要がある


無限責任と有限責任

無限責任と有限責任
事業に失敗して、借金(負債)が5000万円になってしまったら、借金はどうなる?


資金調達

資金調達
資金調達する場合は、決算書(直近3期分)が必要となることが多いです。


雇用

雇用
従業員を雇ったら、労働保険や雇用保険の手続きが必要になります


濃い見込み客を見つけるホームページ自動見積もりシステム

自動見積計算と見積PDF作成を行うサービスです。濃い見込み客を抽出する仕組みで、御社のホームページを営業マンにします。