個人での資金調達

個人事業でも、もちろん資金調達は可能です。ただし、信用の点から、資金調達は難しいかもしれません。

法人での資金調達

資金調達する場合は、決算書(直近3期分)が必要となることが多いです。

銀行へ行けば、お金を貸してくれるのかな?
普段からお付き合いしている金融機関に、まずは相談してみるといいわ。

創業時に金融機関や政策金融公庫などに行き、資金調達(借入)をしておくと、資金繰りに困る可能性が低くなります。全額自己資金で起業するよりも上手くいく可能性が高まります。