個人事業の場合

事業に失敗して、借金が5000万円になってしまった。
借金は必ず返してもらうわ。
家や車は売却して、返済にあてなさい。
ひえー。これは大変だ。事業に失敗すると大やけどするね。

法人の場合

事業に失敗して、借金が5000万円になってしまった。
会社の借金を個人が負担する必要はないわ。
それは良かった。首吊らなくて済む。

無限責任の恐怖

個人事業主で事業に失敗したり、賠償責任を負ったりすると、個人に借金が付きます。事業を廃業しても借金は残ります。

一方で法人の場合は法人に借金が付きます。法人を廃業すれば、個人(会社の取締役)には借金は残りません。(金融機関の借入などで、社長が会社の保証人になっている場合は債務が残ります。)