個人事業主の方に、法人化したキッカケ、理由をアンケートしてみました。

仕事の幅が広がり、お客様の数が増えたので、信用のために法人化しました。料金をいただく振込先銀行口座が個人名義では信用が低く、不都合だったのです。法人でなければお取引が難しいというお客様のケースもありました。
代理店として案内をいろいろなクライアントにするのですが、法人ではなく、個人でいると、クライアントからの見る目が厳しいと感じたのです。
特に、相手がそれなりの企業の場合、なかなか踏み込めない事も多く、法人にした方が安心感が出るのかなと思いました。
行政関係のクライアントからの要望がありました。また、フリーランスでの仕事がある程度軌道に乗り、デザイナーなど外部スタッフに仕事を依頼することが多々あり、法人化することがベターと考えました。知り合いに税理士さんには節税にもなる、と教えられました。

信用と雇用

ビジネスする上で、信用は大事ですね。法人にしたからといって信用が一気に上昇するわけではありませんが、個人事業主よりも上なのは間違い無いですし、法人成りしてマイナスになることはないでしょう。アンケートにあるように、法人でないと取引が難しい、というケースもあると思われます。

信用が取引先向けだとすれば、雇用は自社内のことですね。もちろん個人事業主でも雇用は可能ですが、社会保険その他のことを考えると、法人化しておいたほうが従業員を集めやすいと思われます。

※このページの記事は、クラウドワークス経由でのアンケート調査を元に作成しています。